和食 おがわ がソフトオープニングしてたので行ってみた@フォート

最近フィリピンオフィスで耳にするワード”OGAWA”
日本本社からインドネシアオフィスに異動した個性的な彼のことです。
そんな彼と全く同じ名前のレストランが、
フィリピンのフォートストリップにオープンしました。

ソフトオープニングとは、
「テスト的に営業してるから粗相してもごめんやで!」という意味です。
フィリピンでちょくちょく見かけますね。

さてさて、店構え、器、素敵ですね。
特に器はどれも綺麗でとてもセンスを感じました。

レストランの中央に鉄板焼き、炉端焼きを扱うオープンキッチン。
お客さんに楽しんでもらおうという心粋。良いですね。
エンタメ系に振り切ってるんじゃないかと一抹の不安をいだきましたが・・・。

 メニュー。中々いい値段しますね。
ここにサービス料で10%前後、VAT12%がのってきますので・・。

イチオシは鉄板焼き、炉端焼き、寿司でしょうか。
特に寿司はすみに寿司カウンターがあり、こだわりを感じました。

鉄板焼きの上にのせられた肉。
残念ながら「自分もオーダーしたい!」という気持ちになるモノではなく・・。

お店は、「外国から見た日本」でしょうか。
かなり日本ニホンにほんしてます。

炉端焼きも、赤いセンスでパタパタやってます。
パフォーマンスですな。

前菜としてシメジのガーリック焼きをオーダー。
これで150PHP前後した気が。味はかなり旨いです。

ハウスティー。(無料)
この薄さ、OGAWAかSAGAMIか、いい勝負。

さて、ボクはお魚の定食にしました。焼き魚とお刺身がメインです。
器が綺麗ですね。センスを感じます。

ただ個人的に許せないのが配膳。
普通ご飯は左側にくるべきでしょう。この状態で配膳された時は絶句。
日本を全面に押し出しているのに、基礎がなってません。
ってことで上下左右反転させました。

焼き魚。サバですな。皮はぱりっと、身はふっくら。旨いです。

お刺身。
鮪はそこそこ。キハダマグロですかね。
だがサーモン。テメェはダメだ。生臭い。

 魚の煮物。おいしゅうございました。

 定食は、デザートつき。
ですが多分、自分で言わないと貰えない。

ソフトオープニングでオペレーションがうまくないのでしょうか、
お茶を何度お願いしても持ってきてくれなかったり。

場所柄もあってか、高めです。日本びいきのお客さんと会食する時なんかはいいかもですね。

個人的には日本を全面に押し出しているのに配膳が間違っているという1点で全体的な印象が落ちました。Facebookでも本物の日本!本物の東京!的なポストをしているので、この辺の基礎はきちんと教育した方がいいかと思います。

お店情報。おがわ(OGAWA)

https://www.zomato.com/manila/ogawa-traditional-japanese-restaurant-bonifacio-global-city-taguig-city

Second Floor, Fort Entertainment Center, 5th Avenue corner 28th Street, Bonifacio Global City, Taguig City
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする