結局台湾で一番美味しい火鍋屋は鼎王麻辣鍋ではなく天香回味(テンシャンフェイウェイ)

By: momo - CC BY 2.0

2015年に台湾へ行った際に食べた鼎王麻辣鍋。
日本語のガイドブックやグルメサイトを調べると、大体ここが出てくる。
ただ個人的にはそこまで美味しいと思えず・・・。
その時の様子は、ここ。

で、2017年に結婚式に参列すべく台湾に行くとなった際にリベンジをと考え、再度リサーチ。
今回はYelpとか海外のサイト、英語圏のブログを中心にリサーチしました。
が、結果は同じ。やはり鼎王麻辣鍋推しなのです、みなさま。

誤解がないように申し上げると鼎王麻辣鍋は日本未上陸です。
内装もゴージャスです。たくさん人が並んでいます。台湾人からも評判いいです。
サービスもいい。でも、ぼくの口には正直なところ合わない。

じゃあどこがいいのか?と考えた結果、天香回味ですよ。
えぇ、東京にも6店舗くらいありますよ。
小籠包で有名な鼎泰豊。
あれ、日本の高島屋の上とかにもよく入っています。
でも日本と台湾だとまったく味のレベルが違う。
ちなみにフィリピンにもあります。過去記事はこちら。
どうやら食材が、特に豚肉が理由で同じ味にならないようです。

そこでわたし、考えました。
天香回味も同じく、台北のほうが圧倒的に旨いのではないかと。

と、いうわけで行ってまいりました。

天香回味入り口

天香回味入り口

入り口から早速ただようカレーのようなオイニー。
そう、赤い方のプースーにはターメリックやカルダモンが入っていて、カレーのようなオイニーがするのが特徴なのです。

早速アラカルトで注文します。
ちなみに日本だと銀座店に行くことが多く、ついで赤坂店が多いですが毎回コースを注文します。料理だけで5000−7000円くらいで食い倒れることができます。

台湾にもコースが有ったのですが、せっかくなので食べたいものをオーダー。

まずは運ばれてくる2色のプースー。

ぼく的には日本で供されているものとほぼ同じ味。おいしい。

白と赤のスープを手元で混ぜて自分好みの味に仕立てていきます。

そして野菜とお肉が登場。

これ、それぞれ1皿のポーションです。すげぇ量。

日本にはなかったと思われる「北海道チーズ」がなかなかウマカッタ。
チーズをしゃぶしゃぶしてお肉で巻いていただきます。

忘れちゃいけないのが肉団子。台湾の肉団子はプリプリしててうまい。

味は日本で食べるのと同じなんだけど、そしてむしろ銀座店で食べたほうが色んなキノコの効用を事細かに説明してくれたりエンタメ性が高いんだけど、残念ながら日本には都内にしかないのです。

ので、台北で本当においしい火鍋が食べたいという方で普段都内に来ないという方には全力で回天香味をおすすめします。逆にせっかく台湾にきたし、台湾にしかないところで食べたいというかたは鼎王麻辣鍋をおすすめします。

ぼくは豚だか鴨だかの血を固めたプリン状の具が嫌いなのでデフォルトで入っている鼎王麻辣鍋はあんまり・・・。結構日本人は苦手だと思うのでそういった意味でも回天香味をおすすめします。

最後にサービスででてきたチアシード。スーパーフード、ここでも流行ってるんですね。ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする