ビーモンスター10ヶ月で10kg痩せた私のコツと装備

前回のビーモンスターの紹介記事が非常に好評だったので、引き続きビーモンスターの記事を書いていきます。今回のテーマはズバリ入会後のコツ。これからビーモンスターに通おうと思うあなた、あるいは通いはじめたばかりの方はぜひチェックしてみてくださいね。前回の記事は↓からどうぞ。

音楽を楽しもう

実はとっても基本的なことですし、パフォーマー(トレーナーのこと)さんもトライアルの方にはよく言っているのですが、「音楽を楽しむ」ことがまず何よりも重要です。音楽に集中することで、パフォーマーがどういった意図を持って選曲や振り付けをしているのか、リズムに合わせてどういった身体の使い方をしてほしいと考えているのかがわかるようになります。そうすると音楽と身体の動きがぴったりとハマり、楽しさがアップします。当たり前ですが、運動は楽しい方が無理なく長続きしますよ。

呼吸を意識しよう

次に集中するべきは、呼吸です。私の場合ですが、特にシャドーボクシングのパートやボックスマスターパートに関してはボクサーのように「シュッシュッ」とパンチのタイミングで息を意識的に吐くようにしました。ちょっと周りに聞こえるかもしれない、恥ずかしいという思いがあるかもしれませんが、音楽が大きいため周りには聞こえていないはず(たぶん)。またパフォーマーさんも推奨しているので、恥ずかしがらずにしっかりと呼吸を意識しましょう。シュッと打つことによって消費カロリーも上がりますし、パンチの速度も落ちにくくなります。何よりも余計なことを考えないで済むようになります。特にビーモンスターに何度も通って慣れてしまうと、自然と余裕が生まれて頭で全然違うことを考えてしまうことがあります。例えば、目でキョロキョロと変な格好の人とか変な動きをしている人がいないか探してみちゃったり、なんか変な匂いがするなー誰かおならしたのかなーって思ったり(これマジでたまにある)、ピーコックから揚げ物のにおいするなーって思ったり。雑念が多くなるとその分エクササイズにも集中できなくなり、45分間の運動後に得られる爽快感にも影響するのでオススメしません。すごくベーシックですが、呼吸は必ず意識しましょう。

可視化しよう

三つ目のコツは運動を可視化することです。より具体的にいえば、私のおすすめはポラール(運動の心拍数やカロリーの計測機器)を使うことです。ビーモンスターでは無料でレンタルすることができます。ただしこのポラールを使うには、専用のベルトが必要でこの専用のベルトをカウンターで購入する必要があります。金額は確か三千円しないぐらいだったと思います。一度買えば、そうそう駄目になるものでもないので是非購入しましょう。手入れは、洗濯機ではなく、手洗いにしましょうね。その日の消費カロリーや心拍数が45分間のプログラムを通してどのように変動していうのかがわかるのですが、さらにおすすめはデータをビーモンスターの公式サイトの自分のアカウントと連動させることです。またInstagramにスクリーンショットをアップロードすることもモチベーションアップにつながりますよ。公式サイトのアカウントと連動させることでスタジオごとのランキングやパフォーマーごとのランキングなどが出ます。ので、私の場合は「恵比寿のスタジオで今月消費カロリーランキング60位だ!」とか、「YUUHIのランキング2位だ!1位の人、どんだけ通ってんだw」といったふうに楽しんでいました。またキャンペーンをやっている場合は、例えば、TABLE FOR TWOを通して消費カロリーに応じてアフリカの子ども達に給食が寄付されるなどがありました。何気に自分のダイエットが進めば進むほど子ども達に給食が寄付されるっていうのは気持ちいいものです。
Instagramに関してですが、これはいろんな人がInstagramにポラールの結果のスクリーンショットをあげていて良い刺激をもらえますし、しっかりと長文で感想を書いている方もいますので読み物として面白かったりします。また自身でInstagramに画像と共にその日の感想などを上げることで達成感があります。特に自分のInstagramのウォールがポラールのオレンジ色のスクリーンショットで埋まっていく感じや、鶏胸肉などのヘルシーな食事で埋まっていくのを見ると非常に達成感を感じることができます。

装備品を整えよう

最後に装備品について説明したいと思います。かっこいいスポーツウェアを着ることでモチベーションも上がりますし、運動自体も快適になります。ので、装備品をあれこれ買い揃えるといいでしょう。私の場合は結構あせっかきなので、色々と対策で装備を付けていっていましたね。汗をあまりかかない人によってはもしかしたら必要でないものもあるかもしれませんが、簡単に紹介します。

綿百パーセントのTシャツ

女性の方は、スタイリッシュなスポブラをつけている方が多かったです。私は当然スポブラしてると捕まるので、Tシャツでしたw
で、化繊か綿かと選択肢があると思うんですけれども、私は綿派でした。化繊のものだと長く使っていると洗濯しても汗の匂いとかが染み付いてしまってなかなか落ちないことがあります。例えば僕は化繊だとアディダスとユニクロのものをいくつか購入して使い回ししていたんですけれども、感覚的には結構ユニクロのものは綺麗に洗っているはずなのに、汗をかいて濡れると汗の匂いが戻ってくるような感覚がありました。一方でアディダスに関してはあんまりなんかそういう感覚はなかったのでもしかしたらメーカーによって違いがあるんかもしれないです。綿のTシャツに関しては別に汗をかいてもそういう臭いは発生しないんですけど代わりに汗を吸ってしまってドンドンと重くなります。雑巾みたいに絞れるくらい汗かきますんで。この辺は好みだと思うので両方試してみるといいかもしれないです。

綿派の人はUnited Athleがコスパ最高。

化繊はグリマーがコスパよし。

タイツもしくはレギンス

上半身につづいて、次は下半身。レギンスですね。わたしの場合は、AmazonでレギンスとTシャツと短パンのセットをいくつか購入して使っていました。レギンスを履く理由なんですけれども一番の理由は汗をしっかりとめてくれるっていうところです。恵比寿のスタジオの床はツルツルとしたマットが敷いているので汗で足の裏が濡れてしまうと踏ん張りがきかなくなります。夏場だったりだとかするとクーラーがどうしてもききにくいですし、人が沢山スタジオの中にいるとどうしても暑くなりやすいんですけれども、そうするとどんどん頭とか顔とかから汗をかいてしまいます。そうすると足の裏とかまで汗がおりてきて、滑りやすくなるんですよね。プログラムの後半でスパイダーやマウンテンクライマーみたいな指示があると、踏ん張りがきかなくなってしまうのでおすすめです。

ウェアはこういうのがコスパが良くて一通り揃うのでおすすめです。
よりこだわりが出てきたり、物足りなく思ってきた際には、ナイキやアディダスなどスポーツブランドのものを買い足すといいと思います。

こういうので十分っす。コスパ最高。

ヘアバンド

もう一つオススメはタオル地のヘアバンドをつけることです。これも上のレギンスと似ているのですが、わたしの場合は汗をかくとき頭の毛穴からすごくかくのでヘアバンドをすることで足の方に流れる汗の量が激減するっていうのがありました。あともちろん目に汗が入るようなこともなくなります。無料でレンタルできるフェイスタオルでこまめに顔を拭けばいいんですが、次から次へと汗をかきますのであまり現実的ではありません。あと床用のタオルもあるのですが、どうしてもいちいち気が散ってしまったりするのでヘアバンドがオススメ。真夏の時とかは凄い量の汗をかくのですが、ヘアバンドとレギンス両方使ってました。そうすると後半のマウンテンクライマーもしっかり後踏ん張りがきくんで最後の最後まできちんと追い込むことができましたね。

Amazonだと色によって値段が変わるのですが、うまくいけばすごく安く買えますよ。

ウォーターボトル

最後になりましたが、水のボトルも用意するのがいいかなと思いました。わたしの場合は頂き物でちょっとおしゃれなこれを使用していました。ちょっと毎回ピーコックとかで水を買ったりするのが面倒くさかったっていうのもあってこういう事かって家でブリタとか浄水器の水を詰めて毎回参加してました。あと飲み残した場合ペットボトルのゴミとか家に溜まったりとかしてめんどくさいので、ウォーターボトルおすすめです。

こういうのですね。

浄水器はこれ。もう3代目くらいでかれこれ4−5年の付き合い。

大正義ブリタちゃん

と、いうことで自分なりには必要最小限の装備を紹介しました。もちろん人によってはプロテインとかBCAAとか飲んだり。他にも色々と便利なものはあると思いますが、初心者の方はまずは上記の装備を整えてみてはいかがでしょうか。

ということで、今回はビーモンスターを楽しく、快適に活用するためのコツや装備を紹介しました。残念ながら私はすでに退会してしまったのですが、仕事の業務量などによってはまた入会しようかな、と考えています。みなさんも素敵なビーモンスターライフを!