とんかつのとんきは職人技がひかる目黒の名店 ランチなし

とんかつって実は高いたべもの?

物心ついた時からとんかつが好きでした。

それもちょっと紙のように薄くて揚げ油が甘いやつ。

社会に出るまで知らなかったのですが、実はとんかつってあたりまえのように2000円前後するんですね。というわけでもっぱら和幸専門のわたしでしたが、
この日はひと仕事終えたのでとんきでやや高めのとんかつを食べることにしました。

とんきのロースカツは職人さんに丁寧に調理された逸品

ロースカツ定食1900円。
珍しいことにロースカツとヒレカツが同じ価格設定ですが、あえてのロースカツをチョイス。
結果論ですが、ヒレカツにすべきですた。

理由は豚汁の具がかなり脂が乗っていたのでロースカツとかぶり気味。

揚げ油は甘めでかなりストライク。カツは衣が薄めでサクサク。

衣が剥がれやすいのでそれが許せない人もいるでしょう。

きちんと食前と食後にタオルとくれたりと、サービスも行き届いていていい感じ。

この辛子ときゅうりの漬物も名脇役。

けっこー油ものが駄目になってきたのですが、それでも職人さんによる丁寧な調理のためか、モタレることなく、よい食後感。ご馳走様でした。また元気を貰いに来ます。ランチもやってくれないかなぁ。

とんかつ とんき 目黒

関連ランキング:とんかつ | 目黒駅不動前駅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする