塩厨大歓喜。マニラでとんかつ食べるならYabuがおすすめ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

安い、旨い、太れるとんかつ屋

いきなりですが、ボクは塩厨です。何でも基本、塩で食べます。

焼き鳥も塩、焼き肉も塩(あ、カルビはタレね!)、
カツオのたたきも塩、ゆで卵はマヨネーズ。とんかつは塩ときどきソース。
で、フィリピンにお手頃価格で塩で食べられる品質のとんかつ屋さんがあるですよ。
それがYabu。
平日夜にSM Auraに行けば、だいたいボクに会えます。

Yabuは、ローカルのとんかつ屋さんでオーナーはフィリピン人です。
最近は色んなモールに入っていて繁盛しているみたいですね。
味・サービスともにかなり良く、日本人でも満足できるレベルです。
お肉は厳密にいえば、こちらにも進出している「さぼてん」の方がおいしいです。
が、値段はかなりYabuの方が安いです。
さぼてんは日本とほぼ同じ価格帯で、1食1500円程度だったような。
Yabuだとロース120gの定食ばかり頼みますが、だいたい1000円くらい。
かなり安い。
ボクの感覚だとYabuはほぼ毎日のように通えますが、さぼてんは週に1−2回かなぁと。
この圧倒的なビジュアル!からしといい、油きりの網といい、実に日本っぽい感じ。

好きな言葉はおかわり自由

で、もちろんデブにはたまらない、ライス、キャベツ、味噌汁、おかわり自由。
日本のとんかつチェーンと同じ感じですね。
さらにフルーツ(大体すいか)もおかわり自由。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

特筆すべくは、味噌汁のレベルの高さ。
味噌汁は「てんや」よりもかなり上。
大体2−3杯はいただきますね。

ライスも白米と玄米が選べるのが嬉しい。
まぁ白米一択ですが。

ドレッシングも3種類。
ゴマドレ、ポン酢、わさびマヨネーズ。
フィリピン人、ゴマドレ大好きみたいで、みんなじゃんじゃん消費してます、ご飯にかけたりとか。

さらにピンク色の岩塩が置いてある。
なんかフィリピンの豚肉って野生味の強いイメージですが、
さっぱりと、しっかりと脂の甘味を楽しむことができます。
まったく臭みはないっす。

サービスもきちんとしてます。
かなり通ってますが嫌な思いしたことないかな。
店内も明るくて綺麗。
なんかフィリピン人、お誕生日会とかしてるよ、よく。
ボクぼっちだけど。

いつもロースを頼むんですが、
その上に黒豚ってのがあってそちらは1500円くらい。
通常のロースが旨すぎて頼んだことないっす。

最初にすりごまも出てくるし、盛り付けといい、システムといい完全に日本クオリティ。
フィリピン料理に飽きた人、安く日本食が食べたい人にはもってこいなお店です。

Yabuのお店情報はこちら。たくさんあります。

あ、日本人のシェフが監修してるのね、旨いわけだ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする